プリザーズドフラワー

プリザーブドフラワーとは

「プリザーブドフラワー」とは、見た目だけでなく、触ったときの感触までを生花に近い状態で保存することができる、特殊加工されたお花です。特長としては、生花では存在しない色のお花を作ることができ、これまで生花ではできなかった、カラーバリエーションに富んだフラワーアレンジが行えます。ただし、湿気や乾燥に弱いことから、管理には若干の知識が必要となります。

 

プリザーズドフラワー

 

初めてのプリザーブドフラワー

 

プリザーブドフラワーとは、どういう花のことでしょうか?
フラワーというくらいだから花なのでしょうが、実はすごく不思議な花なのです。

 

造花とも生花とも違い
枯れないのに生花のような手触り
が楽しめます。大事に扱えばかなり長持ちしますので、ギフトとしては最適です。

 

名称や歴史 プリザーブドフラワー入門編

 

プリザーブドフラワーという名称、プリザーブとは「保存する」という意味です。

 

初めてこの名前を聞く方も多いと思いますが、
このプリザーブドフラワーの歴史はまだ新しく、 1991年にフランスのヴェルモント社によって開発されました。 当初は長持ちする切り花を開発するという目的でした。 特にバラにおいて開発が進められました。

 

1991年に完成し、パリやロンドンの先進的なフラワーデザイナーによって アレンジメントフラワーに取り入れられあっという間に、ヨーロッパ中に広がりました。 ヨーロッパでの人気をもとに、日本にも取り入れらはじめました。 日本ではまだまだ知られていませんが、 今後、枯れない切り花としてのプリザーブドフラワーは 特にギフト用として人気が爆発しそうです。

 

最近では、バラだけではなくカーネーション、ラン、アジサイなどにも応用されているほか、
葉物でもプリザーブドフラワーの技術が使われているものが増えてきています。

 

作り方

 

大まかには、切花を咲いた状態で有機溶剤を用いて脱水、脱色し、続けて保存液となる不揮発性溶液を用いて水分と置換し、染料を用いて着色させた後乾燥させる。ドライフラワーと異なり、花弁の鮮やかさは生きた花と比べても遜色なく触っても柔らかくて瑞々しい。ウェディングブーケやインテリアフラワー、インテリアアートとしてその存在が一般的になっている。

 

脱水にはメタノール・エタノールなどの低級アルコールを主成分とする液、水分の置換にはポリエチレングリコールや高級エーテルなど、不揮発性で比較的安全性の高い有機溶剤を用いる。

 

作品例

 

プリザーズドフラワー