プレスドフラワー

プレスドフラワーとは

「プレスドフラワー」とは、花びら一枚一枚を特殊なシートを使ってプレス加工していき、生花の色合いを保ちながら長期保存できるように加工した、特殊な押し花です。加工後は厚みがなくなり、額をはじめ、ボードやアルバムなどに入れることができるなど、非常に高い汎用性があることから、写真と組み合わせたものなど、色々な仕様のプレスドフラワーがあります。

 

プレスドフラワー

 

生花の色合いを保ちながらプレスし、額やボードなどに加工

プレスドフラワーとは、分厚い本の間などに花や葉をはさんで乾燥させ、外形を保つこと。また、そうして出来上がった花や葉自体のこと。
趣味や芸術として楽しむ。学術的な標本の作り方についての押し花・押し葉については、押し葉標本を参照。

 

作り方

 

専門的な作り方は押し葉標本の方に詳しく記述されているので、ここでは簡単に触れるにとどめる。

 

  1. 外で押し花にしたい花・葉を採取する。
  2. 水気を軽く拭きとり、辞書などの分厚い本の中にはさむ。花が重ならないように注意。
  3. 本の上に重しを乗せる。ゴムなどを巻いて押さえるのもよし。
  4. 数日たったら押し花が完成。そっと本から押し花を剥ぐ。

 

 

作品例

プレスドフラワー